2018年-6月の星空    

惑星国立天文台情報




水星
6日に外合となります。上旬から中旬にかけては、見かけの位置が太陽に近く、観察には適していません。下旬になると高度が上がり、東京では6月26日から7月13日にかけて、日の入り30分後の高度が10度を超えます。


金星
★日の入り後の西から北西の低空で明るく輝いています。明るさはマイナス4.0等〜マイナス4.1等

火星
★やぎ座を東に移動(順行)していますが、28日に留(りゅう)となり、以降は西向きの動き(逆行)に転じます。留のころには、星空の中での火星の動きが止まったように見えます。日の出前の南から南西の空に見えます。明るさはマイナス1.2等〜マイナス2.1等


木星
★てんびん座を西に移動しています(逆行)。日の入り後の南東から南の空に見えます。明るさはマイナス2.5等〜マイナス2.3等。観望の好機が続いています。
土星 ★いて座を西に移動しています(逆行)。27日に衝(しょう)となり、観察の好機を迎えます。東京では21時頃には南東の低空に見え、真夜中頃に南中します。明るさは0.2等〜0.0等。

今日、6月5日、久しぶりにかなり明るい流れ星をみた。
ペルセウスかな?ヘルクレス?牡羊座?その他?
また星空観察に行こうかな、梅雨の合間の良き星日に


星のこと

気がつくと、いつも星を見ていた。

内向的で早熟だった私は、友達の和の中にいるよりも、

一人で星を見ている方が好きな子だった。

1.しし座流星群と私

 子供の頃、星を見るのが好きだった。
それでも、天文学に興味はなく、ただただ美しい夜空にうっとりと見とれていた。
大人になってからは、もう星を見ることもなくなっていた。

 そんな私が再び星を見るようになったのは、1998年のあのしし座流星群騒ぎのおかげである。
 あの時のことは忘れられない・・・私の大事なmemoryとなった・・・

1998年のしし座流星群騒ぎから、大出現となった2001年までをエッセイにしました。


ここから→
 「しし座流星群と私」 


火星大接近
        ──
2003年8月27日に火星が5万6000年ぶりに地球に大接近──



 マスコミの報道もあり、火星大接近がたくさんの人達の関心をひいた。
自分でも写真を撮ってみたいのだが、どうも○○機・器とキがつくものはホント苦手なのだ。
パソコンもハードに関しては全くダメ。

 それでもなんとか望遠鏡で覗くことはできる。(^^;
私の小さな望遠鏡でも、EDレンズのおかげで、南極の氷が白く輝いて見えてそれなりに楽しい。
もちろん大きな望遠鏡で見れば火星のもようもはっきりとわかり、さすがに迫力があった。



   
3.オーロラの話

 
2001年、1月にカナダのイエローナイフへオーロラを見に行きました。
オーロラのあの幻想的な光のカーテンのメカニズムについて調べてみました。

オーロラのしくみと、そしてイエローナイフ旅行記です。


ここから→
 「オーロラの話」

                直リンク └→イエローナイフ旅行記

                  └→オーロラのしくみ



4.土星の魅力

土星は何度見てもかわいい。望遠鏡で見ていると時間の過ぎるのも忘れてしまう。
 先週、科学技術館の大きな望遠鏡で土星を見た。
「かわいい、神秘だ! 魅惑の形だ!」と、通りすがりの人も加わっての楽しい観望会となった。
土星は、見る人の心たちまち捉えて離さない、実に魅力ある星である。

           2004年1月の土星

星の謎

1. 月は地球から遠ざかっている

 ☆ 最近はぶっそうなので、女一人で夜な夜な出歩く事はしなくなった。
以前は星を見るために、ひたすら暗いところを求めて出かけていた。仕方なく、
町明かりに邪魔される我が家のベランダから、星を見ている。

 頭にくるのはパチンコ店のサーチライト。頭上で棒を振り回されているようでいらいらする。
そして、建物をライトアップさせるために上に向けられた照明用ライトは、空に赤い不気味な
ゾーンをつくっている。 防犯のためだろうが、過剰なまでに強い光を発している外灯。

 星空を邪魔しない照明・・・お金がかかるけれど・・・
新しいものを設置する場合には、、行政の皆様及び照明関係の業者の皆様、

 星空に優しい明かりをお願い致します。m(__)m





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO