海の生物達   

朝になく、夕になく、その時々に美しい情景を見せてくれる海。
海に住む生物の種類は多く、零下から360度もの熱水が噴出
      する深海にまで生息するという。      

水の中でしか生きられないのは不自由な気がしていたけれど、
ゆったりと まったりと漂うクラゲを見ていると、
何も考えずにフワフワとした生き方が羨ましくなる。

不思議の海

 第1章 クラゲの話 ←ここから 
  
 クラゲはからだのつくりがシンプルなので、複
 雑な環境の変化・ストレスにもシンプルに反応
 する。
 人間は、からだのしくみが複雑で、単純な変化
 にも複雑な反応をする。
 クラゲを見ていて癒される気がするのは、その  
 シンプルな生き様に対する、複雑になりすぎた 
 人間の「憧れ」があるのかも知れない
          ・・・
「クラゲの正体」より

第2章 海の生物
 ←ここから

ヤマトメリべという不思議な生き物を見てからというもの、無脊椎動物がすっかり面白くなった。

熱帯魚の水槽の中であきらかに奇妙な動きをしていたアカモンガラ、他にも海には魅力あふれる生き物がたくさんいた。

第3章 太古の海 ←ここから

命の始まりを知る旅

生命誕生の場から、太古の海のワンダーランドへ、そして、カンブリア大爆発へと続く命の旅路。


宇宙のありふれた物質は、どうやって生命へと繋がっていったのだろう・・・


使用素材のサイト       

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO